§ パワーストーンとの出逢い ~秘められた魅力と威力~

今ではパワーストーンと呼ばれている石たちに私が出逢ったのはもう20年以上前のこと。その頃にはパワーストーンという呼称も一般的ではなかったと記憶しています。

当 時、仕事で得た薄給を少しずつ貯めて、自分へのご褒美として買った贅沢品は(指輪またはジュエリーリング)でした。最初はダイヤやルビーを買うものかもし れませんが、私が魅かれたのは「ラピスラズリ」でした。その石の深い碧色と煌めくゴールドの紋様に、銀河系に浮かぶ星雲を連想しました。それが、私と「石に宿る宇宙」との初めての出逢いとなりました。

 

それから数年が経って、巡り会ったのはトルコ石。ターコイズという名のジュエリーです。またしても青。抜けるような美しい秋空を連想させる一品でした。

ターコイズは、ネイティブインディアンが、その青さから『空の石』と呼び、神から祝福を受けた神聖な石として、また旅の守護や幸運を呼び込む貴石として大切に してきたことを知りました。私の感じていた「青への憧れ」と重なり、ますますこの石に親しみを覚えました。その影響もあって、私にとってのパワーストーンは「幸運のお守り」という意味付けから始まっています。私のそばにいて、私を守護してくれるものだと信じていつも身に付けるようになりました。

 

パワーストーンについての知識が増えるにつれ、他のカラフルな石たちの魅力も判り、さまざまな石が「ワタシを使って」と主張している声を感じるようになりました。「きっとアナタの役に立つから」と・・・。

 

初めて身に着けたパワーストーンブレスは、やはりお気に入りのラピスラズリとターコイズでした。ブレスの良さは、腕に着けていると自分の目に入ること。見るたびに守護されているのだという意識が働く。心が落ち着くのを感じることができます。

「見つめたものは拡大する」という宇宙の法則をご存じですか?

自分が意識しているものには、つい目が行く、気がつくという法則。それを実感しました。

その後は、その時々の状況に応じて必要な石を選んで装着しています。

 

自らが「なりたい姿」、「ありたい姿」を願う気持ちとパワーストーンがシンクロしはじめる瞬間を感じることがあります。その時から願いが実現する流れが出来 ていく。その思いや考え方、行動までが変わってくる。そうなろうとするとエネルギーが働いてくる。自分に必要なものをキャッチしてくれるアンテナの役割となり、後押ししてくれるのです。自分が動くことでパワーを発揮してくれるのです。そして、どんなことも他力本願ではなしえないことをハッキリと認識するこ とができました。

特に、どうなりたいのかを明瞭にイメージできている人は、パワーストーンを手にしていただきたいと思います。あなたをサポートし、潜在意識に働きかけてくれる秀逸なツールだからです。しっかりとコミット(覚悟)して身につけて欲しい。石たちがよりパワフルに働き、あなたの願いが叶えられる日も近くなることでしょう。

 

 

 

Dragon Blue

      せらぴすと Nana♪

 

長く苦悩の中に居ました。

いろんな経験を繰り返すうちにココロとカラダの連動性の法則に気付き、自分らしく生きるための術を手に入れました。同じ悩みに翻弄されている女性に元気を取り戻してもらいたい。乗り越えたときの爽やかな景色を観てもらいたい。そんな思いでセラピストになりました。